改定明舞再生計画を中心に議論する、明舞団地シンポジウムに、教員が参加します。
本学コミュニティプランナー概論受講生の取り組みも発表します。
 
 日時:2017年11月26日(日)14:00~16:00
 場所:明舞センター松が丘ビル3階 大会議室

 「みなく~る明舞」(兵庫県立大学経済学部のサテライト教室「明舞まちなかラボ」併設)で、専門基礎演習(2回)生が、夏の子供向けイベントを開催します。
 小学生の参加者を募集していますので、ふるってご応募下さい。

自然学習教室「第9回わくわくカブトムシ作戦」
 開催日:2017年7月15日(土) 午後1:00~3:00
 場所:明舞プラザ2階 「みなく~る明舞」(明石市松が丘2丁目2-6)
 募集人数:8名(小学生)
 参加費:300円
 申し込み締切:7月3日(月)

第9回ワクワクカブトムシ作戦チラシPDF

 平成29年度のコミュニティ・プランナープログラム「CP概論」が、明舞団地をフィールドとして開講されます。(「CP実践論」は姫路市、「CP演習」は南あわじ市で開催)

 「コミュニティー・プランナープログラム」では、地域の歴史・文化・資源を活かしたコミュニティづくりや、地域の人々と共に様々な問題の解決を行う、エキスパートとしての人材を養成します。そのために知識を習得し、フィールドで自ら体験し学習することで、人々と協働しながら、地域の良さ、特性を活かす提案を行うスキルを身につけます。

H29年度CPプログラムPDF

【経済学部生のまちづくり活動】

  • 子供向けの環境教室の開催
    • 8月14日(日)にNPOと共催で「太陽光発電を学習してエコクッキング」を開催しました。
  • 地域のイベントへの参加
    • 8月に和田ゼミ生が、明舞サマーイベントとして、子供向けスポーツ競技を開催しました。
    • 12月には、森家ゼミ生が「第12回クリスマスフェスタ」に参加し、司会・音響等運営に協力しました。来場者アンケートもゼミ学生が集計しました。
    • 2017年1月8日(日)に、「もちつき大会」に学生が参加し、運営に協力しました。
    • 2017年3月5日(日)「第6回スプリングコンサート」の運営に、森家ゼミ生、大学院生が協力しました。
  • 県営住宅に経済学部学生が居住・地域活動の実施
    • 学生シェアハウスに入居している学生が、松が丘南県住の自治会活動等に参加しました。

【教員の活動】

  • 明舞再生塾に参加
    • 12月6日(火)、1月26日(木)に、武庫川女子大、神戸芸術工科大学、神戸学院大学、神戸まちづくり研究所、株式会社PPI計画・設計研究所、兵庫県、兵庫県住宅供給公社等が出席する「明舞再生塾」に加藤教授・森家教授、和田准教授、西川助手が参加し、「明舞団地再生計画改定案」
      について協議しました。
  • 「明舞まちづくり委員会」への出席
    • 2016年11月10日(金)、2月21日(火)、3月17日(金)の3回、兵庫県・兵庫県住宅供給公社主催「明舞まちづくり委員会」に教員が出席し、明舞まちづくり推進協議会代表者・行政関係者等と「明舞団地再生計画改訂」について協議しました。
    • 3月18日(土)に神戸まちづくり研究所が主催した「エリアマネージメント」セミナーに教員が参加し、意見交換を行いました。
    • 2016年10月30日(日)、2017年1月29日(日)、3月26日(日)の3回にわたり、明舞サポーター会議主催「明舞大交流会」に参加し、住民等と、次年度のイベント活動について協議しました。

    (明舞で活動する教員は、明舞サポーター会議の代表者と、定期的にまちづくり活動に関する会議を行っています。)

  • セミナーの開催
    • 2017年2月26日(日)加藤恵正教授が「団地を生業する」と題して、みなく~る明舞で講演を行いました。
  • 研究発表
    • 2016年10月30日(日)に都市学会で、和田准教授が「住民の生活圏からみたニュータウンのコミュニティ構造 ―兵庫県神戸市・明石市の明舞団地の事例―」について、発表を行いました。
    • 2016年10月30日(日)に都市学会で、加藤教授と大学院生が「明舞団地の生成とその再編成への視点」について、発表を行いました。
    • 8月に西川助手・森家教授が「明舞団地の環境教育コミュニティーの現状と課題」について、日本環境教育学会で発表しました。
    • 10月17日(月)と10月30日(日)に、西川助手・森家教授が明舞団地の「環境教育コミュニティ」に対して、アンケートの分析結果を報告しました。

経済学部の専門基礎演習生(2回生)が、小学生を対象に、カブトムシを教材にした、自然学習教室を開催します。定員16名ですので、早めに、ご応募下さい。

日時:2016年7月10日(日)午前の部10:10~11:40(定員8名)
              午後の部13:00~14:30(定員8名)
応募締切:7月1日(金)
場所:明舞まちづくり交流施設内
   大学間共同利用施設(明舞まちなかラボ)
   明石市松が丘2丁目2-2-6 明舞プラザ2階
参加費:200円

第8回ワクワクカブトムシ作戦チラシ&申込書PDF

 大学間共同利用施設(通称:明舞まちなかラボ)の新規開校を記念して、講演会を開催します。無料ですので、ふるってご参加下さい。

テーマ:「コミュニティビジネス /社会的企業と地域の活性化」

講師:兵庫県立大学 政策科学研究所・経済学部
    教授 加藤 恵正 氏

日時:2016年6月2日(木)18:00~20:00
場所:明舞まちづくり交流施設内
   大学間共同利用施設(明舞まちなかラボ)
   明石市松が丘2丁目2-2-6 明舞プラザ2階
参加費:無料

1662明舞講演会ポスターPDF

 「明舞団地まちづくり五○周年記念誌」の増補版が発行されました。ここでは、明舞地区で活動してきた教員や学生の取組が紹介されています。
 また、「明舞団地のまちづくりにおけるビジネスの可能性と役割」について、加藤恵正教授と野崎隆一理事長(神戸まちづくり研究所)の対談が掲載されています。

 2016年3月16日(水)の18時半から、UNITY(大学共同利用施設)特別会議室で、西神ニュータウン研究会第156回例会が「明舞団地再生の取組~大学生が取り組むまちづくり~」というテーマで開催されました。
 まず、兵庫県明舞担当の職員の方が明舞再生計画とその進捗状況を報告し、その後、県営住宅(学生シェアハウス)に入居する学生達(兵庫県立大学、神戸大学)が、自身の明舞地区での取組について発表しました。

 中国の大学生(精華大学、北京大学等)及び若手研究員の方々30名強が、外務省のプロジェクト「ジェネシス2.0」の一環として、明舞団地における若者のボランティア活動等について、視察及び意見交換に来られます。

 プログラムは、
 (1) 兵庫県県土整備部担当者のあいさつ・概要説明
 (2) 明舞団地学生シェアハウス入居者による活動発表
 (3) 両国の学生による意見交換

 (2)で、経済学研究科の尾崎斉人さんが「明舞まちなかラボ」の活動について発表します。また、日頃、明舞地区で活動をしているゼミ生も出席し、中国の大学生や研究員と「明舞団地における若者のボランティア活動等」について意見交換をします。

日時:2016年3月16日(水)14:00~16:15
会場:松が丘ビル3階 大会議室
主催:兵庫県県土整備部住宅建築局住宅政策課