経済学研究科

研究生制度(大学院)

研究生制度とは

 兵庫県立大学経済学研究科の研究生制度は、特定の事項について,特定の教員の指導を受けて個人的な研究を行うための制度(1年間)です。

 研究生は、本学の大学院(経済学研究科)を受験することが強く期待されています。制度として定められているわけではありませんが、研究生は、大学院(経済学研究科)に入学するための準備段階として位置づけられています。

研究生となるためには

 研究生となるためには、一定の入学資格を満たすこと、および面接試験を受けて合格することが求められます。

 また、研究生となった場合には、授業料等の支払いも必要となります。

研究生にできること

 研究生は、指導教員の指導を受けたうえで必要と認められた授業を受けることができます(単位取得や学位取得はできません)。

 また、研究に必要な範囲で大学の施設(図書館やPCなど)を利用することができます。

留意事項

 研究生を志望する方は、事前に指導を希望する教員に対して連絡をとったうえで、十分な準備をしておく必要があります。

研究生の募集について

2018年度に実施する研究生の募集は、2018年9月と2019年2月に実施する大学院入試と同時に実施するため、大学院入試との併願ができます。ただし、2018年9月の募集は大学院入試と併願する場合のみ出願可能で、研究生としての入学時期は2018年10月または2019年4月になります。2019年2月の募集は、大学院入試との併願に加えて研究生の専願が可能で、研究生としての入学時期は2019年4月になります。なお、併願する大学院に合格した場合は、研究生として入学することはできません。詳細は募集要領をご確認下さい。

本件照会先

兵庫県立大学 神戸商科キャンパス経営部学務課 経済学研究科事務担当
電話(078)794-5209