応用経済学科

応用経済学科の理念

ポイント1:真の「豊かさ」や「生活の質」を探究する

 情報化社会、少子高齢化、そして地球環境問題といった社会の変容は、私たちがこれまで当然のように考えてきた生活スタイルに大きな変革を迫っています。こうした時代潮流に対応しつつ、真の「豊かさ」や「生活の質」とは何かについて探究します。


ポイント2:問題解決のための政策立案力を高める

 混迷を深める現代社会では、より広い視野にたった高度な分析力を持つ人材が必要とされています。応用経済学科では理論と現実のバランスを重視しながら、社会に対するしっかりとした観点を養い、問題解決のための政策立案力を養います。


ポイント3:キーワードは地域・環境・公共・情報

 応用経済学科における研究対象は、「地域」「環境」「公共」「情報」の4つのキーワードに集約できます。これらの分野を体系的・総合的に学べるように履修上の工夫がなされており、新しい時代に必要とされる新たな視点や分析力をもった即応力のある人材を育てます。