学部紹介

学部長挨拶

自分の可能性を強く信じ、未来に向かってチャレンジしよう。

学部長 草薙 真一


 2004年に兵庫県立大学経済学部が誕生して10年以上が経過しました。1948年からの永きにわたる神戸商科大学(全国で初めての公立新制大学)の伝統を受け継ぎ、さらに新たな伝統を築きつつある兵庫県立大学経済学部は、国際経済学科と応用経済学科の2学科で編成されています。経済学部生は、入学1年後にどちらかの学科に所属するようになります。そして、国際経済学科には国際キャリアコース(ICコース)があるなど、それぞれの学科が経済学の学問体系をしっかりと踏まえ、独自の理念とカリキュラムを有しています。学ぶことができる領域が幅広くなるよう、ITや法律の研究者なども適切に配置されているため、経済学部生は、経済学を中心に、それぞれの興味や関心に応じて、関連した様々な学問領域を学ぶことができるようになっています。

 経済学部生は、入学時から卒業時まで、10名ほどの小規模ゼミ(演習)に必ず所属しますから、教員の距離が近い少人数教育の素晴らしさを十分に実感できることでしょう。ゼミでは是非ともプレゼンテーションや討論の実力も磨いてください。学内懸賞論文にもチャレンジされることをお勧めします。クラブ活動も盛んです。ゼミとしっかり両立されると良いでしょう。それらは、あなたの学生生活を豊かにし、就職活動の結果などにもあなたの努力の成果として現れることになります。

 講義やゼミのなかには、地域に密着したものが多数ありますし、体験学習やフィールドワークが取り入れられたものもあります。より学問を極めたい方には、兵庫県立大学大学院経済学研究科への進学が選択肢に入ることでしょう。優秀な学部生には卒業を1年間短縮する制度もあります。

 兵庫県立大学経済学部は、自分の可能性を強く信じ、未来に向かってチャレンジするあなたが、自ら納得できる成長を遂げられるよう、最善を尽くします。