学部紹介

学びの特色

体系的カリキュラム

経済学部生全員が共通に学ぶ必修科目と選択必修科目。そしてより高度な専門教育科目へと、体系的に経済学を勉強します。


国際経済学科と応用経済学科

2年次から2学科のどちらかに所属します。各学科には,充実した専門教育科目がそろっていて,そのなかから興味のあるものを選択することができます。学科選択については1年次の秋にガイダンスを行います。


徹底した少人数教育による個性の尊重

1年次から4年次まで,10人規模の演習を全員が行います。少人数のため,学生が発言する機会が格段に多くなり,お互いに議論する機会も生まれます。3年次と4年次の研究演習は2年間継続した演習で,4年次には大学生活の集大成と言える卒業論文の作成を行います。


情報・外国語教育の重視

専任の教員が,講義や演習で,4年間を通じて基礎的内容からから専門的内容まで,情報・外国語学習を支援します。


神戸商科大学の伝統の継承

経済学部には,神戸商科大学の経済学科はもとより,国際商学科と管理科学科の内容を引き継いだ講義や演習があります。


大学院までの一貫教育

学部のレベルを越えて経済学を極めたくなったら大学院へ。学部の成績優秀者は4年目に進学できます。